20171214

ひこちゅうのもち。 



もちは
もちやじゃないよ

丸餅。ゆでる。

これがひこちゅうのお雑煮の基本。
我が家では、
鰹昆布だしで鳥、透明薄醤油の琥珀スープ。
具はかまぼことほうれん草でシンプル。
ほぼ、東京の雑煮に似ている。
しかし餅は、

丸餅。ゆでる。

こちら(東京)で年末になると、
どんな雑煮にを食べていたのか?
が呑み屋での恒例の話題になる。

当然、丸餅。ゆでる。
は蚊帳の外。
気持ち悪いらしい。

伸し餅を切って焼くのがあたりまえの関東。
餅はパリッと香ばしくなくてはいけないのだとよ!
だから、一度でいいから「茹で丸雑煮」
たべてみればいいのに。
とも思うが、
慣れない関東人が茹でると
グズグズになるのでしょうね。

とにかく、12月30日朝は餅つきだ。
これは祖母ヤスさんが亡くなった時
以外は欠かしたことない恒例行事だ。・・・・・・・とにかく、ほぼ全員。
つきたて餅の雑煮。狙いだ。
つきたてを食べたら最後、
虜になること間違いない。

なので我が家の餅が最高。
過去に遡ると、記憶では
本家のある植松で親戚一同で
餅つきをしたものだ。

いくら仲が悪くても、
一年に一度力を合わせる時なのだ、
土で出来た竈は家と家の間に鎮座、
モクモクと薪がたかれ、煙突から煙を立てる。
前日から仕込んでいた何升もの餅米が、
茹でられ蒸気を上げられ、
餅米の蒸されたいい香り。
一年に唯一、一度の竈晴れ舞台だ。

臼(うす)は木製ではなく、
こちらでは本場宜しく「御影石」。
チューギン(中国銀行)の壁のあれです。
お湯で暖めると冷めずらいので機能的だ。
それに固いし。

一番大事なのは餅米の上がり具合。
祖母ヤッさんが亡くなってからは、
かなりいい加減だ。

なので柔らかかったり、
固かったり、

「今年の餅米は出来が悪いのかも」が口癖で、
一向に他人事だ。

そして、頃合宜しく、
暖めた臼に餅米を開け、
杵で丁寧にこねる。こねる。
杵を腰の辺り固定して、
円形の臼を回るようにしてこねる。こねる。
もう一つのポイントがここ。
ほぼこの作業で餅は出来上がっている。
ここが一番の要。力もいるところ。

そして、手に水をつけて、ひっくり返し専門の
「杵取り(きなどり)」登場。
この役目はなぜか年長の女性。
我が祖母ヤッさんもかなり長年その役をこなしていました。
なので跡継ぎがなかなか育ちませんでした。
ヤクルト古田の去った後のようです。

とにかくこなれた4-5臼目に、
そろそろいきますか!で、
準備しておいた雑煮のカシワの脂が浮いた
琥珀のスープにつきたて投入。

食べたかったら、
12時30日8時〜9時頃に
札場・岡南自転車置き場にて。
タイミング悪く食べられなかったら、
ごめんなさい。

以上本年度2009年ひこちゅう終了です。

今年は1000本ノック達成年。
とくに奥谷のんさん姉妹には
「ひこちゅう大賞」をあげたいと思います。
おめでとう。

それに
江東区さん、CHAPPYさんもありがとう。
そして常連の皆さん。
まだみぬそこのあなた。
今年もありがとうございました。
では来年。また。

それではようよと
彦崎にかえるぞ〜。
オリオン座みるぞ〜。


写真は昨年の餅つきセッティング。現在はなんともコンパクトなんでしょう! 
0033
2009-12-25 16:46 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そういえばのんさんが餅つきに来てくれましたね。
一家でそれものんねえさん一家も。
奥谷に実家があるわけだけど、世代も違うので
面識がないものだ。と。
田舎の村なのに近所ととの付き合いが
ほとんどない我が家。思い知らされました。
もっと近所と仲良くしておけばよかった!
2017/1214/18:01
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひこちゅうのクリスマスの過ごし方。





聖なる日はアゲアゲ。
アゲゾコ大行進。


給食の時間に
「いちごのショートケーキ」が付きます。
これはかなりうれしい。
スカスカのスポンジに白のバタークリーム。
そしてイチゴ。のシンプルなもの
ですがね。

彦崎小学校講堂に全校生徒を集め、
暗幕を引き、
真っ暗な講堂の中を、
蠟燭片手に行進します。
なかなか雰囲気があります。
でも、クリスチャンでもないけど、
私たちは大喜びです。

そして下校。
天神山に向ます。
それは天然のもみの木を
取りいきます。
というか盗みにいきます。
ごめんなさい。

2メートル弱のもみの木を
大胆に持って帰り、
道行く人にはとがめられず
ガンガン持って帰ります。

そしてテッペンには紙製銀色の星。
手足は自由自在なハリガネサンタとか、
中身のないプレゼント箱とか、
赤と白のJ型の杖とか、
ボール、わたなどで飾り付け。
〆はリレー式照明の・・・・、
なんていう名前なんだろう。
赤や緑やチカチカするやつですね。
これは俄然盛り上がります。

そういえば高度成長期の1965-1970年には
お歳暮と称してかなりのケーキが届いた物です。
2段とか3段とか、
一番盛り上がったのは
アイスクリームのクリスマスケーキ・・・・・・・・・・・・・・箱の割には中身が小さいのには
驚いたもんです。
いわゆる「アゲゾコ」ですね。
ドライアイスはたくさん入っていて、
ケーキより場所とっているんじゃないか、と。
クール宅急便なんてなかったから、
苦労の後が見えます。
そのドライアイスを水の入ったコップに入れて、
モコモコさせて、天国状態で盛り上がります。

派手でとにかく気持ちはアゲアゲですが、
当時のクリスマスケーキはまずい。
うまくないんですね。
特に砂糖をまぶした赤や緑のゼリーは最悪です。
中心のサンタハウスに関しては、
尻から覗くとこれも、
「アゲゾコ」。
あげくにロウだったりします。
サンタ蠟燭も頭直撃で、
流れる赤いロウで流血サンタの出来上がり、
これにはサゲサゲ、ナエナエでしたね。

そう。お菓子の詰まった赤いブーツ。
銀色の紙製のブーツもリーズナブルにありました。
その名も「マンボブーツ」という名前を
知ったのもこの2-3年です。
グリコのビスケットとかコリスのガムとか
いっぱい入っているように見えるけど、
それはあみあみの見えるところだけで、
これまた!アゲゾコです。
これはかなりです。
でもおかげで2個揃えば、
両足に履いて、
霜の降りた朝の校庭を
走り回ることが出来ます。
アホです。
とんだマンボ野郎と化します。

なんだかクリスマスって、
子供を萎えさせるアイテム満載ですね。
ステキです。

イラストはハリガネサンタです。メリークリスマス。 
0032
2009-12-24 13:52

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
うむ。12月24日書いたXmasほっかほかの記事だ。
なのでノリノリ長文。改行頭揃えだから見やすいが下に長過ぎ。
だれもよんじゃいないよ。
2017/1214/17:53

ひこちゅうのみずうみ



ここはまるでスイス。
レマン湖に高級別荘地が
水面に漂う。


レマン湖のちかくに
そば処「千田」。


まるで田舎のおばあちゃん家に
遊びに行ったかなのような、
その店はかなりアットホーム。

そんなところもなければ、
訪れることはなかったし、
あの素晴らしい景色を見ることも
なかっただろう。

だだ、大久保の地下には
瀬戸大橋児島線が
ひっきりなしに通っていることも
付け加えておきましょう。

イラストのん姉さん写真参照


2009-12-11 17:30:58

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
彦崎絶景百選のたしか2作品目。
彦崎のなかでも断トツに昔の姿が残っている場所。
人里離れた山奥にあるからだ。
そうそう、人口貯水湖も境界そして立ちはだかる。
2017/1214/17:48

20171212

豪華家具調テレビの名前



応接間のテレビは、
漢字二文字でなくてはならない。

ほぼ全家庭のテレビが豪華家具調。
木目が浮き出でる暖炉のようなドッシリとした家具に、
ほぼ19インチのテレビが埋め込まれた。
しっかりと足が付いた自立タイプ。
ブラウン管は全体の30%〜40%、
ブラウン管よこにはタテ列にダイヤル式のチャンネル、
場合の寄ってはUHFの微調整ダイヤル。
スイッチボリューム、
そして不調な画面を調整する、
垂直同期・水平同期。のボリュームが必須項目。
その他、ほとんどが意味もなくスピーカ部分に割かれる。

超高性能、超豪華、超高感度、長寿命、電子制御
これがあの時代のテレビのキーワードだ。

ゼネラル社
「金剛」。
というテレビのサブタイトルは、
「純金チャンネル」。
悪い予感がするが、そう。・・・・・・・・・・・・・電波の通り道(108カッ所の接続面)を
永久不変の純金でおおい、
チューナーの接触不良をなくしているらしい。
さぞいまでも永久不変にがばっていることでしょう。

ちなみにワンランクしたのテレビが、
「金閣」。
とんだ「金」つながり。
上位の「金剛」より「金閣」のほうが、
ゴージャスなような気はするが・・・・。
とにかく豪華絢爛なのだ。

他にも各社が出している一部の
漢字二文字シリーズをここに記録しておこう。

まず、
東芝・電子連動でれび「王座」1966/69,800円。
東芝・立体感ビジョンユニカラーテレビ「名門」1969/175,000円
ナショナル・人工頭脳テレビ「嵯峨」光厳シリーズ1969/74,500円
三菱カラーテレビ「高雄」1970/197,000円
ゼネラルテレビ「金剛」1966/72,000円、姉妹品の「金閣」。
ゼネラルカラーテレビ「王朝」1967/185,000円

まさにテレビは電化の王様。
モノクロテレビからカラーテレビが混在する時代。
キッチンの冷蔵庫の上のテレビはモノクロで、
応接間のテレビは豪華家具調カラーテレビという家庭も
多かったのではないか。
当時の大学初任給が3万円前後。
まさにこれは「高雄〜」。


ちなみに彦崎駅前・若林電気店は「東芝」の代理店なので、
「金剛」は買えない。 

0030
2009-12-08 18:37

~~~~~~~~~~
テレビが197,000円!
給料6ヶ月分。なんとおそろしいじだい。
45年後の2017年には4Kとかいう高解像度のテレビがでてますよ。
しかも薄くて、安い。
東芝はシロモノから撤退。
「人口頭脳」というワードが現在では「AI」。
人の仕事まで脅かしてますよ。
2017/1212/18:11

20171208

ひこちゅうの三大おばさんのおはなしその弐「ヤクルトおばさん」



彦崎三大おばちゃんシリーズ
をやってる最中に、
「科学と学習」が休刊になりましたね、


みんな気が付いているだろうか?
「ニッセイのおばちゃん」
「学研のおばさん」
「ヤクルトおばさん」

みんなは口を揃えてそう呼ぶ。

ニッセイでは「おばちゃん」「ちゃん」と少し身近なのだ。
学研は「おばさん」限りなく教材にちかいので、ちょっと丁寧に。
そしてヤクルトは「の」も飛ばされ、直結。
「ヤクルトおばさん」。
おばさんがヤクルトそのものなのだ。

サンダーすぎやま、ふうせんおばさん
なかんじだ・・・・・。
同じおばさんでも懸ける意気込みが違うのだ、
買い上げ制だし。

とにかくこのヤクルトおばさんも
当時、彦崎にはいなかったのだ。
そう三大おばさんは彦崎にはいなかった。のだ。
というオチにしたかったが、
いらっしゃいました。思い出しました。
隣の石原のおばさんが、
ヤクルトおばさんでした。たしか。
灯台もと暗し・・・・・・
・・・・・ヤクルトもジョアも
たぶん石原のおばさんから買っていたのでしょう。
当時は外に牛乳箱があり、その中に相乗りするのだ。
ヤクルト箱というのもあったような気もする。
ヤクルト→ジョア(1970)の創世記ににも立ち会い。

あるときヤクルトのチラシに釘付けになる。
蒼々たるヤクルト商品ラインナップのなかに燦然と輝く、

「ヤクルトラーメン」。

パッケージももちろんヤクルトコーポレートカラーの
グリーンが基調。
商品の説明を読むと、
綿がヤクルトカラーの緑。
それは緑黄色野菜のクロレラが練り込んでいるためだ。
即席ラーメンだが健康食品の肩書きも鼻高々。
とにかく名前のインパクトのショック。
そしてパッケージを見て麵の色にショック。
Wショック。
今ではデザインも名前も変わり、
「麺許皆伝」という面白くもおかしくもない名前。
いつの日かヤクルトラーメンは姿を消し、
ヤクルトのオフィシャルでも生い立ちは消され、闇に。
まるで日清のカップライスの販売機並だ。

生い立ち消された、
「ヤクルトラーメン」。

「ヤクルトおばさん」も「ヤクルトレディ」となり、
過去の人に・・・。

今回この三大おばさん掲載中に、
「科学と学習」の休刊というビッグニュース。
最後の砦もこれで終わる。
いやはやと思ったが、
よくぞ生き残ってたとエールを贈りたい。
ような気もする。 
0029
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三代おばさんシリーズの酉はやはり「ヤクルトおばさん」。
いまではスーパーマーケットにでも手入れることだできるが
その頃はおばさんがいなくては手に入れることができなかったのだぁ〜

2017/1208/18:01